Projects

ハノーバー国際博覧会 日本館

2000年4月28日

Categories :美術館等芸術文化施設の企画、 運営管理、 コンサルティング業務

ドイツで初めての大規模国際博覧会で、「人間ー自然ー技術」というテーマのもと、173の国と地域、国際機関が参加しました。日本館は、建築家坂茂が再生紙からつくった紙管を建材にリサイクル可能なパヴィリオンを設計、内部の展示は南條史生が「紙のかたち 庭のこころ」というテーマで監修。石庭をモチーフに地球温暖化への取組み、古来からの日本文化に見られる自然観や美意識も紹介しています。また、モニターやゲームを駆使してテーマをよりわかりやすく伝えました。 【参加アーティスト】 椿昇、日比野克彦 【基本情報】 会期 2000年 会場 ハノーバー市(ドイツ) 主催 日本館出展概要:総合プロデュース:日本貿易振興会(JETRO) 専門家:建築 坂茂 展示 南條史生 企画協力 山根一眞
一覧へ